マリメッコの創業者はアルミ・ラティア(Armi Ratia)とその夫のヴィリオ(Vilijo Ratia)です。

1951年に「マリメッコ」(Marimekko Oy)は設立されました。その社名は「小さなマリーのためのドレス」という意味です。

1952年には最初の直営店をオープンし、1956年にはフィンランド国外への輸出が始まり、国際的にも認知されるようになりました。

とりわけ、1960年のアメリカ大統領選挙で、ジョン・F・ケネディ大統領候補夫人のジャクリーン・ケネディがマリメッコのドレスを愛用していたことが報道されたことで、アメリカでの知名度が急上昇したというの有名なストーリーです。

現在、マリメッコは世界各国に100を超える直営店を持ち、40を超える国々でその商品が販売されています。

Copyright (C) 2016 FABRIC studio All Rights Reserved.